『七つの大罪』ぼちぼち感想

漫画『七つの大罪』(著:鈴木央)の感想と考察。だいたい的外れ。ネタバレ基本。

【感想】『七つの大罪』第184話 超激突!!

f:id:ikanimo:20160716203530j:plain

週刊少年マガジン 2016年34号[2016年7月20日発売] [雑誌]

第184話 超激突!!

  • エスカノールとエスタロッサが睨み合っていた、その頃。
  • リオネス王都の別の場所では、十数人ほどの聖騎士たちが一斉に走り出していた。
    「ダメだ!! とても手に負えない!!!」
    彼らの前にも不意に降り立った<十戒>。
    見た目は人間に近くとも、赤や灰の魔神とは桁が違い過ぎる。無意味な全滅を防ぐなら、一時的にでも退却するよりない。
  • 「一旦 全員 体勢を立て直すん――」「だ…」
    飛ばされていた指示が、不自然に途切れた。
  • 聖騎士たち全員が足を止めていた。たった今までの尻に帆かけた様子は消え失せ、忘我の顔で背後を見やって、ふらふらと戻り始める。
    そこに立つ二人の<十戒>…ゼルドリスとフラウドリンに向かって。
  • 「…我らは…今より魔神王…の…下僕しもべ
    「ゼル……ドリス様…」
    「ゼルドリス様…の…下僕しもべ…」
    口々に うわごとのように唱えた。両手を組んで、うっとり崇めている者さえいる。
    ◆この聖騎士たちの中に、一ヵ月半ほど前の灰色ヘンドリクセン戦で、メリオダスらと共に戦ってた人がいますね。
    f:id:ikanimo:20160818210942p:plain“鈍痛の霧”でリベンジカウンターに参加した、頭の上にかなえが付いてるみたいな変わった形の兜の人とか。
    ツイーゴやワイーヨの兄弟のカイーデもいます。
    懐かしキャラの再登場が続くなぁ。

     

  • したり顔で嗤うフラウドリン。
    「恐るべきは<敬神>のゼルドリス…だな」「お前に背を向ける者を 魔神王 ひいては代理たるお前への「背信」とみなし 強制的に服従させる…」
    ◆「背を向ける」っての、まさか物理的な意味じゃないですよね。それだと、たまたま背中がゼルドリスに見えただけで、またはゼルドリスに背後を取られただけで、戒禁にかかってしまう。収拾つかないし無敵すぎる。
  • 讃える人間たちを興味なさげに見やったゼルドリスが、フラウドリンに向かい、キッと まなじりを吊り上げた。
    「情けないぞフラウドリン」「人間ごときの国一つ堕とすのに どれだけ手間取っている?」
    ◆国を「落とす」ではなく「堕とす」か。ゼルドリスは「従わぬ意思持つ者」を無血で洗脳支配できちゃう、ある意味、平和の支配者だったんですね。
    この方法でキャメロットも陥落したなら、住民はまだ生きていそう。ゼルドリスを殺せば洗脳が解けて元に戻る、と。
  • 睨む目を気にした様子もなく、フラウドリンは微笑う。
    「責めないでくれ その人間ごときの中に とんでもない――」
  • 言い終えるより早く。
    「!!?」
    ゾクッと全身を駆け抜けた戦慄に、フラウドリンとゼルドリスは目をみはった。
  • 「なんだ… この尋常ならざる気配は…」
    「城の方からだ」
    ところどころ火の手の上がっている王城を見やる。

  • そして、王城の前で睨み合うエスカノールとエスタロッサ。
  • 「あの人… なんで一人だけ動けんだよ!?」
    疑問を叫ぶハウザーの前で、ギルサンダーは その事実を思い出していた。
    「<七つの大罪>最強の男…!!」
  • 平然と眺めつつ、デリエリが呟く。「化け物…」
    「あれは本当に人間なのかねぇ」とモンスピート。
    ◆人間から見れば「化け物」のキングやマトローナらが、<十戒>を化け物呼ばわりしているのが少し面白かったんですが、今度は<十戒>が、人間エスカノールを化け物と呼んでる(笑)。

  • エスタロッサが薄笑いを浮かべた。
    「おお! …わかった メラがほざいてた ガランを倒した人間ってのは」「お前だろ?」
  • エスカノールの表情は穏やかだ。『か弱き』魔神を哀れむ瞳は、慈悲深くさえ見える。
    「私に憎しみを抱いては いけませんよ…?」「あなたが己の戒禁にかかっては せっかくの戦いが楽しめない」
  • エスタロッサが大きく目を見開いた。
    「…お前 案外いい奴だなぁ」
    ニッと、珍しく満面の笑みを浮かべる。
  • 「当然です」
    微塵も謙遜なく、ニッコォとエスカノールも笑い返した。
  • その顔面を殴り飛ばす、エスタロッサの剛拳
  • 反動で顎の上がったエスカノールの口から血が噴き出した。
  • 上がって露わになった顎を狙いはしない。エスタロッサは すかさずジャンプして、上から頬にストレートパンチを叩き込む。
  • 人知を越えた力で叩き伏せられたエスカノールが めり込んだ地面は轟音を立てて割れ砕け、小高かったその場所は無くなってしまった。
  • 十数メートル下で瓦礫に埋もれるエスカノールの傍らに、エスタロッサは身軽に降り立つ。未だ動いてない彼を、容赦なく、ボールのように高く蹴り上げた。
  • 無抵抗に放物線を描き、石畳に人形のように叩き付けられるエスカノール。

  • 「あの人でも相手にならないのか!?」
    愕然と叫ぶギルサンダーの隣で、バンも眉を曇らせて冷や汗を流した。
    「……」

  • ゆっくり身を起こそうとしているエスカノールに、エスタロッサは無慈悲な大股で歩み寄る。
  • その右上、ごく間近に、不意に火球が燃え上がった。まるで小さな太陽かと思えるほどの。
  • 反応できたのは、流石と言うべきなのだろう。
    咄嗟に目を向けたエスタロッサが両腕で己の右顔面をガードした、そこに、エスカノールの巨大な拳が叩き込まれていた。
  • 僅かに石畳を滑りはしたものの、ガードは完全。
    「惜しい」
    無傷の顔で揶揄しかけた、直後に。
  • グラァッと視界が揺れ、エスタロッサは驚愕する。
    「!!?」
    気付けば、両手両膝を付いていた。立っていられず、地に這いつくばっていたのだ。
  • それを足下そっかに見下ろして、エスカノールは悠然と立っている。
    「おやおや………?」「金貨でも落ちていましたか?」

  • 「エスタロッサが膝を… ついた…」
    目を見開いて身じろぐデリエリ。モンスピートの目も丸くなっている。
  • 冷や汗を一筋流しながら、バンはニヤリと笑みを浮かべていた。
    「…ったく ヒヤヒヤさせんじゃねーよ♬」
  • 「ガードの上から一撃をもらっただけで…?」「ありえん!!」
    闇の翼で王城上空に飛来したゼルドリスが言った。傍らに飛ぶフラウドリンは恐れの滲む顔で冷や汗を垂らしている。
    ◆今までゼルドリスが飛ぶときは、(メリオダスと同じように)闇で包んだ両手を翼にしてました。しかし、今回は背に闇の翼を広げています。

    f:id:ikanimo:20160819162544p:plain

    とゆーことは、メリオダスも背中に闇の翼を出せるのかな?

  • よろめきながらエスタロッサは立ち上がり、「クックッ」と笑った。
    「やっぱ外界シャバはいいなぁ……」
    己が前に手をかざすと、小さな闇がブン…と震えて口を開き、中から歪んだ短剣の柄が生え出してくる。
    「この手応えを待ってたぜ」
    それを掴んで引き出し、ヒュンッと風を鳴らして構えた。
    「お前となら本気で遊べるなぁ…!!」
    ◆「外界シャバはいい」? まるで刑務所に入ってた囚人みたいな物言いですね。

    常闇の棺に封じられていた間、彼らの意識って どうなっていたんでしょうか。まさか、ずっと意識があって、牢屋に閉じこめられてるみたいに過ごしてたの?
  • エスカノールは にべもない。
    「おこがましい」
    相手の肩から腰までを切断する刃筋で、無慈悲に大戦斧リッタを振り下ろした。
  • が。
    一拍の間を置いて、バックリ口を開いたのはエスカノールの肩の方ではないか。のみならず、背後の床まで割れ砕ける。

  • 「な!? こ…攻撃を仕掛けたはずのエスカノールが逆に一撃を…!? 何が起きたの!?」
    愕然とするスレイダー、サイモン。

  • 「…?」
    肩から噴水のように血を噴出させながら、エスカノールはポカンとした顔で背後の割れた床を見やった。

  • 「まさか… あれはメリオダスの!?」
    ハッとしたのはギルサンダーだ。メリオダスの魔力「全反撃フルカウンター」。相手から放たれた直接攻撃の魔力を、倍加して跳ね返す力である。
    「いや 何かが違う……?」
  • バンが「ヤバい」と言いたげに身を竦めた。
    「今のは 魔力抜きの純粋な力だった…」「つまり あれは――――――…」

  • エスタロッサが嗤う。
    「少しは驚いたか……?」「これが俺の魔力―――」全反撃フルカウンター「俺に向けた あらゆる物理的攻撃を倍以上に はね返す!!!」
  • エスカノールは呑気な顔で己の肩をさすった。
    「なるほど… 道理で痛みを感じたわけか」「さすがは この私だ」
    既に血は止まりかけている。
  • エスタロッサが大笑した。
    「ハッハッ」「どこまで傲慢で面白え奴なんだよ!!」
    エスカノールを正面から見直す。
    「殺す前に 覚えておいてやるよ… お前の名は?」
    「…エスカノール 死ぬ前に覚えておきなさい」

  • 「こ… この勝負 どうなっちまうんだ?」と、サイモン。
    「どのみち タダじゃ済みそうに ないわね」とスレイダーが答えた。

  • 太陽は昇っていく。同様に、彼の戦意も昂ってきたらしい。
    エスカノールの周囲に灰が舞い始め、足元の石床が一気に溶けて、溶岩のように グツグツと煮えたぎり始めた。
    そして、前に伸べた掌の上には小さな太陽が昇っている。
    「まず まともには死ねませんよ?」
    掌中に太陽を収めたエスカノールが、見下みくだしの目で魔神に告げた。
  • 次回「<傲慢>vs.<慈愛>」

ゼルドリスの戒禁<敬神>のこと

 

「お前に背を向ける者を 魔神王 ひいては代理たるお前への「背信」とみなし 強制的に服従させる…」

上にも書きましたが、「背を向ける」というのは物理的な意味ではなく、精神的な意味なのでは。

だって、背を向けた(背後を取られた)だけで掛かってしまうのなら、大抵の相手を忠実な下僕に洗脳してしまえる。

そんなことだったら、3000年前に女神族に負けたりしなかったでしょう。

 

「背を向ける」=「逃げる」または「意思に背く」の意味、ですよね?

 

しかし、心の中で「ゼルドリスから逃げたい、意思に従いたくない」と思っただけで戒禁が発動するのもおかしいので、行動と心理、両方が揃った時に戒禁が発動するのかなと思いました。

 

心の中で「逃げようと思い」ながら、「背を向ける」。

その場合にだけ掛かるとか。

 

それと、ゼルドリス自身がそれを知覚している、というのも条件になるのかもしれません。

彼の気付かないところで、彼に背を向けて逃走している人がいても、その人は戒禁に掛からないのではないでしょうか。

だってそうでもないと3000年前に女神族に以下略

 

 

ところで。

「ゼルドリスの目に届く範囲内で、逃げようという意思を持って、背を向ける」のが<敬神>の発動条件なら。

<十戒>にリンチされた時のメリオダスって、見事に条件を満たしちゃってますよね。

f:id:ikanimo:20160819223355p:plain

 

でも、彼が<敬神>に掛かっているようには見えませんでした。

「オレはゼルドリス様のしもべ…」とか呟いたりしてなかったし。

 

しかし、煉獄の魔神王は、メリオダスが<慈愛>と<敬神>二つの戒禁に掛かっていたかのような言い方をしていましたし、メリオダス自身も「死んだから戒禁は解けた(戒禁に掛かっていた)」と言っていました。

どういうことなんでしょうか?

 

逃走を禁止するグレイロードの魔法「呪縛怨鎖」のおかげで、<敬神>の方には掛からなかった、ということでしょうか?

とすれば、その魔法をかけるようグレイロードに指示したのはゼルドリスですから、彼はメリオダスに<敬神>を掛けたくなかった、ということだろーか。

 

------------------------------

 

22巻&ファンブック2『罪約聖書』読みました。

 

22巻描きおろし漫画が、大喧嘩祭り会場へ酒の配達に行く途中のキング、エレイン、バンの様子でした!

もうこの辺の補完はないんだなと諦めていたので、ビックリしたし嬉しかったです。

三人の会話を聞くエスカノールが(みんな仲良しだな~)とニコニコしてた通り、私も ほっこりしました。

 

そして、キングの羽無しは「未成熟だから」と確定しましたね。エレインに羽が無いのも同じ理由。

妖精王の血族は発育が遅いのか? それとも、この兄妹だけの体質なのかしらん。

 

メリオダスが「何でお前には羽が生えてねぇ?」と問い質してキングをブチ切れさせてたの、マジに「何でお前には毛が生えてねぇ?」と訊くのに近い、ノンデリカシー発言だったのね(笑)。

 

------------------------------

 

罪約聖書を読んで気になったことを、ざっと並べてみる。

 

■エスカノールの出身地は「カステリオ王国」

エジンバラかもと考察したことがありましたが、外れでした(苦笑)。

しかし、カステリオ王国ってどこの国?

名前だけ見ると、中世スペインにあったカステーリャ王国を連想しちゃいますけど、アーサー王の時代より数世紀後に出来た国なんですよね。

 

…いやいや。カステリオが Castellio と綴るなら、フランス読みでシャティヨン。その地名はフランスのあちこちにありますから、カステリオ王国はフランスにあった国かも。樽で海渡ってきてるんだし。

 

■新妖精王の森は、リオネス王国にすごく近い位置にある

ちょっとビックリ。こんなに人里に近い位置にか。

これなら、将来キングやディアンヌが森に帰っても、楽に遊びに来れそう?

 

■ゼルドンの研究棟はスコットランド北端の位置

想像してた位置の真反対でした(苦笑)。

旧妖精王の森と近いのですが、あの化石化した大樹は何か関係あったりするのでしょうか。

 

■マーリンの出身地は「ベリアルイン」

…どこ?

「ベリアル」と聞くと、すぐさま悪魔ベリアルを連想してしまいますが、そう区切るんじゃなくて「ベリア・ルイン」なんですかね?

 

ドルイドの長・ジェンナ&ザネリ姉妹は、人間族にして約1800歳

22巻お絵かきコーナーにて、この二人が年を取らないことに疑問を感じたキングへのマーリンのコメントは「フフ…この二人は○○○だからな」でした。

何でしょ。人間なのは確かなんですよね?

となると……「不死者」とかなのかなあ。バンみたいに、人間だけど不老不死になってるとか。

 

■エスタロッサの誕生日は1月14日

あっ、メリオダスの誕生日と違う。

エスタロッサとメリオダス、双子ではありませんでした。

 

ちなみに1月14日は「愛と勇気と希望の日」です。戒禁が<慈愛>だからかもしれませんが、なんか激しく似合わない(笑)。

エスタロッサさんと兄弟二人に「愛よ!」「勇気よ!」「希望よ!」と唱えてほしいです。

 

■ドロールの夢・野望は「打倒魔神王」

え!? 魔神王に忠誠を誓って<十戒>入りしたんじゃないの!?

…いやいや、強く尊敬すべき魔神王を倒すことこそが戦士としての本懐、みたいな方向?

 

■ドロールの出身地は「メガドーザ」

えっ!?

あそこ、4000年近く歴史のある里だったんですか。驚きました。

 

■マトローナの最も恥ずかしい体験は「バイゼルで酔って大暴れしたこと」

ええ…。

つまり、何年か前にバイゼルで大暴れして、巨人族出入り禁止の原因となった巨人族は、マトローナだったと…?(笑)

 

■グロキシニアの魔力は「災厄ディザスター

キングと同じだ。

妖精王は代々同じ魔力なんでしょうか? マッチョだったという二代目妖精王ダリアも。

 

■ヘルブラムの「今、一番欲しいもの」は「ボウガン」

何する気ですか。 

 

■キングとエレインは全ての動物と会話できるが、ホークママの言葉だけは解らない

ホークママは普通の動物ではないってこと?

 

キンエレ兄妹が動物と会話できるのは、やっぱ、読心力があるから?

22巻描きおろし漫画によると、キングは妖精界にいた頃、今よりは もっと心を読むことができた(普通に読んでた)みたいです。妖精界を永く離れていたせいで、色々と鈍った力があるのかもですね。

 

動物と会話できるなら、なるほど、あんまり肉を食べたいとは思わなくなるんだろうなあ。

 

■ホークの出身地は「ホークママの中」

ホークママから生まれたってことなんでしょうが、なんか変な言い回し。

ホークは間違いなく、ホークママの実の息子だったんですね。

 

■キャスは16歳

ホークやエリザベスと同じ年齢だ…。

 

突飛な発想かもしれませんが、キャスとホークって兄弟なのかなと思いました。

マーリンが好きな動物として挙げている「混沌の母」っての、多分ホークママのことではないかと。(アーサー王物語群で言う母豚「ヘンウェン」のイメージ?)

で、16年前にホークママが色んな動物の姿をしたモノを生み落とした。それがホークやキャスだったんじゃないかなあ? とゆー妄想。

 

 

とりあえず、ざっと読んだところでは、ここまで。

 

------------------------------ 

 

主だったキャラの詳細な闘級が載っていたので、ここは考察系ファンブログらしく、闘級表を作り直してみましたよ。 

闘級表(22巻時点)
名前闘級魔力武力気力
ホーク 30 0 25 5
ベロニカ・リオネス 80 0  35  45
マーガレット・リオネス   110 0 10 100
モブの聖騎士見習い 145 50 50 45
ジェリコ 270 40 130 100
グリアモール
※幼児化
410 390 10 10
バルトラ・リオネス
(リオネス国王)
530 120  230  180 
ドゲッド 860 290 470 100
デルドレー 930 720 30 180
赤き魔神 1000~1300      
デール 1220      
アーデン 1320 600 420 300
ギーラ 1350 700 400 250
ヘルブラム 1400 750 200 450
グリアモール 1520      
テオ
ドルイドの司祭)
 1650 650 650 350
デスピアス 1690 730 540 420
モド
(吸血鬼王族)
1700 1100 100 500
ワイーヨ 1710 300 870 540
ガンヌ
(吸血鬼王族)
1720 0 1300 420
エリザベス・リオネス 1925 1700 5 220
ギルサンダー 2330 1130 670 530
ディアンヌ
※人間サイズ
2330 900 950 480
ハウザー 2350 1090 700 560
ゲラード 2370 1890 10 470
魔神化デール 2490      
ビビアン 2580 2200 40 340
ヘンドリクセン 2650 1280 800 570
灰色の魔神 2700~3200      
スレイダー 2790 980 930 880
エレイン 2830 2010 20 800
デンゼル 2870 1320 880 670
ザネリ
ドルイドの長・妹)
3000 2540 10 450
ジェンナ
ドルイドの長・姉)
3000 2050 450 500
ドレファス 3000 1000 1000 1000
ザラトラス 3060 1180 930 950
レン
(吸血鬼王族)
3070 590 1770 710
オルロンディ
(吸血鬼王族)
3100 1750 530 820
ゴウセル 3100 1300 500 1300
バン 3220 1380 930 910
ディアンヌ 3250 900 1870 480
ゲルダ
(吸血鬼王族)
4080 2450 430 1200
キング 4190 3370 0 820
マーリン 4710 3540 70 1100
イズラフ
(吸血鬼族の王)
4890 2080 2010 800
アルビオン 5500      
魔神化ヘンドリクセン(灰色) 5800      
マトローナ 7600 2200 4400 1000
キャス 10010 5000 10 5000
ガラン 27000 1000 24000 2000
フラウドリン 31000 13000 15000 3000
メリオダス 32500 2700 27700 2100
メラスキュラ 34000 31500 500 2000
グレイロード 39000 26500 10000 2500
アーサー 40000 37600 900 1500
グロキシニア 50000 47000 0 3000
デリエリ 52000 1500 48000 2500
モンスピート 53000 34000 16000  3000
ドロール 54000 14000 36500 3500
エスタロッサ 60000 3000 53000 4000
ゼルドリス 61000 10000 47200 3800
エスカノール 測定不能 測定不能 測定不能 測定不能

※リオネス王国では闘級300以上が聖騎士として認められる
※持てる闘級の全てを発揮できるとは限らない。例えば、アーサーの魔力は大きいが、使えていない状態
※武器(神器)を装備しているか否かは闘級を左右しない。素手だと闘級範囲内の一部の力しか発揮できないが、武器(神器)を持つと闘級範囲内の多くの力を発揮できるというだけである
※ホークの闘級は、残飯で釣りさえすれば10倍にも20倍にも上がる
※吸血鬼族は、太陽光下では闘級が半減する

 

★魔力が高いキャラ BEST15(エスカノール除く)

  1. グロキニシア 47000
  2. アーサー 37600
  3. モンスピート 34000
  4. メラスキュラ 31500
  5. グレイロード 26500
  6. ドロール 14000
  7. フラウドリン 13000
  8. ゼルドリス 10000
  9. キャス 5000
  10. マーリン 3540
  11. キング 3370
  12. エスタロッサ 3000
  13. メリオダス 2700
  14. ザネリ 2540
  15. ゲルダ 2450

 

★武力が高いキャラ BEST15(エスカノール除く)

  1. エスタロッサ 53000
  2. デリエリ 48000
  3. ゼルドリス 47200
  4. ドロール 36500
  5. メリオダス 27700
  6. ガラン 24000
  7. モンスピート 16000
  8. フラウドリン 15000
  9. グレイロード 10000
  10. マトローナ 4400
  11. イズラフ 2010
  12. ディアンヌ 1870
  13. レン 1770
  14. ガンヌ 1300
  15. ドレファス 1000

 

★気力が高いキャラ BEST15(エスカノール除く)

  1. キャス 5000
  2. エスタロッサ 4000
  3. ゼルドリス 3800
  4. ドロール 3500
  5. グロキシニア、フラウドリン、モンスピート 3000
  6. デリエリ、グレイロード 2500
  7. メリオダス 2100
  8. メラスキュラ、ガラン 2000
  9. アーサー 1500
  10. ゴウセル 1300
  11. ゲルダ 1200
  12. マーリン 1100
  13. マトローナ、ドレファス 1000
  14. ザラトラス 950
  15. バン 910

 

★生きてる年数が多いキャラ BEST15(マーリン、ゴウセル除く。封印・死亡期間は年数に数えない)

  1. ゲラード 約4200年
  2. メリオダス エスタロッサやゼルドリスの年齢から推測して3500年前後?、フラウドリン 約3554年
  3. ジェンナ&ザネリ 約1800年
  4. グロキシニア 約1400年
  5. キング 約1300年、イズラフ 1319年
  6. ヘルブラム 約1100年
  7. エレイン 約1000年
  8. ガラン 991年
  9. ドロール 約880年
  10. マトローナ 約820年
  11. ディアンヌ 約750年
  12. モド&ガンヌ 512年
  13. モンスピート 415年
  14. エスタロッサ 380年
  15. デリエリ 377年

 

 

web拍手 by FC2 


広告を非表示にする