『七つの大罪』ぼちぼち感想

漫画『七つの大罪』(著:鈴木央)の感想と考察。だいたい的外れ。ネタバレ基本。

【感想】『七つの大罪』第192話 友を救う その剣 その魂

週刊少年マガジン 2016年43号[2016年9月21日発売] [雑誌] 第192話 友を救う その剣 その魂 地上に降り立っても、薄笑いのマーリンは手の中の試験管から目を離さない。「私は早速 研究室にこもり 実験台[グレイロード]をいじくりまわすとしよう…」 「そんな…

【感想】『七つの大罪 聖戦の予兆』第四話(最終回) 愛のかたち

※この記事の画像は、全てTVアニメ『七つの大罪 聖戦の予兆[しるし]』(鈴木央・講談社/「七つの大罪TVSP」製作委員会・MBS)より引用 2016年9月18日放送 第四話(最終回) 愛のかたち TVスペシャルの最終回です。 同時に、新TVシリーズ(第二期)の制作が…

【感想】『七つの大罪』第191話 満たされぬ女

週刊少年マガジン 2016年42号[2016年9月14日発売] [雑誌] 第191話 満たされぬ女 天空からゆっくりと降りてくる美女の後ろ姿を、ギーラたち聖騎士たちは驚きの目で見上げている。「ブリタニア一の魔術師…!!」「<七つの大罪><暴食の罪[ボア・シン]>…」…

【感想】『七つの大罪 聖戦の予兆』第三話 初恋を追いかけて

※この記事の画像は、全てTVアニメ『七つの大罪 聖戦の予兆[しるし]』(鈴木央・講談社/「七つの大罪TVSP」製作委員会・MBS)より引用 2016年9月11日放送 第三話 初恋を追いかけて キングとディアンヌのデート回。 …とゆーより。 実質、「初恋に右往左往す…

【感想】『七つの大罪』第190話 魔宴

週刊少年マガジン 2016年41号[2016年9月7日発売] [雑誌] 第190話 魔宴 メリオダスが撃ち返した「灰燼龍」に包まれるデリエリ、彼女を抱きしめ庇うモンスピート。その爆炎は、数km離れたリオネス王都からも はっきり視認できるほど大きかった。 「…何が起こっ…

【感想】『七つの大罪 聖戦の予兆』第二話 二人の喧嘩祭り

※この記事の画像は、特に記述の無い限り、TVアニメ『七つの大罪 聖戦の予兆[しるし]』(鈴木央・講談社/「七つの大罪TVSP」製作委員会・MBS)より引用 2016年9月4日放送 第二話 二人の喧嘩祭り 今回、最も印象に残った場面。 素敵過ぎた(笑)。 あと これ…

【感想】『七つの大罪』第189話 英雄 立つ!!

週刊少年マガジン 2016年40号[2016年8月31日発売] [雑誌] 第189話 英雄 立つ!! どんどこ進み続けるホークママの頭上。一段上に立ったメリオダスと向かい合い、エリザベスは涙を浮かべて微笑んでいた。「信じられないかもしれないけど… 私 昔のあなたに会っ…

【感想】『七つの大罪 聖戦の予兆』第一話 黒き夢の始まり

※この記事の画像は、全てTVアニメ『七つの大罪 聖戦の予兆[しるし]』(鈴木央・講談社/「七つの大罪TVSP」製作委員会・MBS)より引用 2016年8月28日放送 第一話 黒き夢の始まり 突発的な感想です。続きも やるかは不明。 『七つの大罪 聖戦の予兆[しるし…

【感想】『七つの大罪』第188話 友を救う その剣 その魂

週刊少年マガジン2016年39号[2016年8月24日発売] [雑誌] 第188話 友を救う その剣 その魂 「…飛び入りの女神族の始末は済んだ――――――」 リオネス王城は、とうとう<十戒>の侵入を許してしまった。王や聖騎士たちの集う広間に現れたフラウドリン。メイドや、…

【感想】『七つの大罪』第187話 滅びよ邪悪な者共よ

週刊少年マガジン 2016年37・38号[2016年8月10日発売] [雑誌] 第187話 滅びよ邪悪な者共よ 「ハウザー! 今の見たか?」「おう… 翼の生えた女が… デンゼル殿の身体に吸いこまれるみてぇに消え…た」複数人の町人や騎士たちを抑え込みながら、起きたばかりの奇…

【感想】『七つの大罪』第186話 リオネス防衛戦

週刊少年マガジン 2016年36号[2016年8月3日発売] [雑誌] 第186話 リオネス防衛戦 エスカノールに“無慈悲な太陽[クルーエル・サン]”をぶつけられたエスタロッサ。最初に喰らった時のように容易く跳ね飛ばされはせず、全身で受け止めて耐えてはいたが、あた…

【感想】『七つの大罪』第185話 <傲慢>vs.<慈愛>

週刊少年マガジン 2016年35号[2016年7月27日発売] [雑誌] 第185話 <傲慢>vs.<慈愛> 石床をグツグツと煮え立たせ、掌の上に小太陽を浮かべた男を前に、エスタロッサは緩い苦笑を浮かべていた。「まったく 物騒な男だぜ……」「そんな魔力を使えば 後ろの連…

【感想】番外編 大罪Vacation

マガジンSPECIAL 2016年No.8 [2016年7月20日発売] [雑誌] 番外編 大罪Vacation[バケーション] 『マガジンSPECIAL』掲載の9P番外編です。 これまでの『マガスペ』番外編の多くが、キャラの過去や心情を描く、本編の補完的な内容でしたが、今回は完全な「お…

【感想】『七つの大罪』第184話 超激突!!

週刊少年マガジン 2016年34号[2016年7月20日発売] [雑誌] 第184話 超激突!! エスカノールとエスタロッサが睨み合っていた、その頃。 リオネス王都の別の場所では、十数人ほどの聖騎士たちが一斉に走り出していた。「ダメだ!! とても手に負えない!!!」…

【感想】『七つの大罪』第183話 デンジャーゾーン

週刊少年マガジン 2016年33号[2016年7月13日発売] [雑誌] 第183話 デンジャーゾーン 謎の声が『煉獄』と呼ぶ異様な世界で、メリオダスの魂は対話を続けていた。 「今回は派手に殺[や]られたな メリオダスよ」揶揄する声に、飄々と…いや、普段より棘のある…

【感想】『七つの大罪』第182話 たしかな ぬくもり

週刊少年マガジン 2016年32号[2016年7月6日発売] [雑誌] 第182話 たしかな ぬくもり 「なぜ幼い日の私とメリオダス様が ……滅亡したダナフォールから?」戸惑うエリザベスに、ザラトラスは返した。「…わかりません 彼は そのことについて一切を語ろうとしませ…

【感想】『七つの大罪』第181話 聖騎士ザラトラス

週刊少年マガジン 2016年31号[2016年6月29日発売] [雑誌] 第181話 聖騎士ザラトラス 「お久しぶりですエリザベス様…」「そのように お美しく成長されて陛下も さぞ お喜びのことでしょう」微笑むザラトラスを前に、戸惑うエリザベス。「これは… 夢なの?」「…

【感想】『七つの大罪』第180話 さまよえる騎士

週刊少年マガジン 2016年30号[2016年6月22日発売] [雑誌] 第180話 さまよえる騎士 霧の中に佇む、とんがり帽子の酒場<豚の帽子>亭。賑わう店内では、酔っ払いたちが噂話に余念がない。「そういや聞いたか? “さまよう銀の騎士”の噂………!!」「ギンギラの鎧…

【感想】『七つの大罪』第179話 希望を求めて

週刊少年マガジン 2016年30号[2016年6月22日発売] [雑誌] 第179話 希望を求めて 口から次々と黒炎弾を吐く灰色の魔神。その全てを掻い潜って走り、アーサーは魔神の脇を跳び抜けた。「は!!」薙いだ剣を振り切って背後に着地する。数拍を置いて、灰色の魔神…

【感想】『七つの大罪』第178話 暗黒のブリタニア

週刊少年マガジン 2016年29号[2016年6月15日発売] [雑誌] 第178話 暗黒のブリタニア [<七つの大罪>メリオダスの敗北から一か月][魔神族に立ち向かう勢力は多数存在したものの―――――…][<十戒>の前には なす術がなく][その数は日ごとに減少し ブリタ…

【感想】『七つの大罪』第177話 僕が君にしてあげられること

週刊少年マガジン 2016年28号[2016年6月8日発売] [雑誌] 第177話 僕が君にしてあげられること メリオダスに向かい、その大きな手を差し伸べるバン。「立てるか団ちょ♪」ガッと彼の手を掴んで引き揚げ、半ば強引に立たせた。 「バーカ………」「オレが…ケガをし…

【感想】『七つの大罪』第176話 闇は語る

週刊少年マガジン 2016年27号[2016年6月1日発売] [雑誌] 第176話 闇は語る 「懐かしいなぁ メリオダス」「もっと よく声を聞かせてくれよ」エスタロッサは胸を踏み砕く足の力を緩めない。抵抗一つできず絶叫し続けるメリオダス。「ぐ…あぁあああっっ!!!」…

【感想】『七つの大罪』第175話 愛するメリオダスへ

週刊少年マガジン 2016年26号[2016年5月25日発売] [雑誌] 第175話 愛するメリオダスへ 半ば我を失ってギルサンダーはギルフロストに掴みかかった。「今すぐ 俺を メリオダスのところへ転送してくれ!!」胸ぐらを掴まれたギルフロストは苦しげに反論する。「…

【感想】『七つの大罪』第174話 メリオダスVS.<十戒>

週刊少年マガジン 2016年25号[2016年5月18日発売] [雑誌] 第174話 メリオダスVS.<十戒> <十戒>達に取り囲まれた中、メリオダスはゼルドリスと睨み合った。 リオネス王城で水晶玉を覗く面々は。「<十戒>に… …囲まれた!!」慄くヘンドリクセンの傍らで…

【感想】『七つの大罪』第173話 闇は降り立つ

週刊少年マガジン 2016年24号[2016年5月11日発売] [雑誌] 第173話 闇は降り立つ 燃える岩塊と共に落下しながら、ドロールの肩から胸までを袈裟斬りにしたメリオダス。落ちて鎮火した岩塊の一つに降り立つや、それが砕け散る強さで蹴って跳ね戻った。ロストヴ…

【感想】『七つの大罪』第172話 かつて友だった お前たちへ

週刊少年マガジン 2016年22・23号[2016年4月27日発売] [雑誌] 第172話 かつて友だった お前たちへ 「かつて魔神王を倒すため 共に戦った三人が 今や敵同士… 運命とはホント皮肉なもんスね」苦笑を浮かべるグロキシニアの周囲には霊槍の鎧の欠片が漂っている…

【感想】『七つの大罪』第171話 時は来たれり

週刊少年マガジン 2016年21号[2016年4月20日発売] [雑誌] 第171話 時は来たれり バイゼルの大岩は半分が消失し、ところどころ炎の舌をチラつかせていた。 「ヒエェ~~~!!」たまたま反対側の端にいて難を逃れたタイズーが悲鳴をあげている。 魔神たちは大…

【感想】『七つの大罪』第170話 その光は誰が為に

週刊少年マガジン 2016年20号[2016年4月13日発売] [雑誌] 第170話 その光は誰[た]が為に 「想定外の結果だな」「まさか精神世界の擬似的 それも抽象的な太陽[イメージ]で反応するとは」服を弾けさせて巨大化していき、放散する熱気でチリチリと周囲を焦…

【感想】『七つの大罪』第169話 伝説の最弱聖騎士

週刊少年マガジン 2016年19号[2016年4月6日発売] [雑誌] 第169話 伝説の最弱聖騎士 「い… 意味がわかんねぇ奴だな… 祭りに勝って心を手に入れる!?」戸惑うジェリコ。静かにゴウセルは返す。「そうだ… 俺は感情を理解する『心』が欲しい」「心を手に入れる…

【感想】『七つの大罪』第168話 <十戒>殲滅計画

週刊少年マガジン 2016年18号[2016年3月30日発売] [雑誌] 第168話 <十戒>殲滅計画 時は少し遡り――辺境の地ゼルドン◆遡ったのは どのくらい?ゼルドンの研究棟破壊が一昨日(26日)の午後と推測するので、前日(27日)の昼前あたりでしょうか。(「現在」は…

【感想】『七つの大罪』第167話 キミの中の大切な

週刊少年マガジン 2016年17号[2016年3月23日発売] [雑誌] 第167話 キミの中の大切な 「う… くっ」キングを手に庇い、転がったまま呻くディアンヌ。ズシャッ ズシャッ と足音を響かせながら、大股に土人形[ドロールゴーレム]が近付いてくる。 どうにか半身…

【感想】『七つの大罪』第166話 そこに芽吹くもの

週刊少年マガジン 2016年16号[2016年3月16日発売] [雑誌] 第166話 そこに芽吹くもの 一度は倒れた土人形[ドロールゴーレム]は、何事もなかったかのように起き上がった。その前に、巨人の少女を背に庇う態で立ちふさがっている巨大な熊人形。上にはキングが…

【感想】『七つの大罪』第165話 ちぐはぐラバーズ

週刊少年マガジン 2016年15号[2016年3月9日発売] [雑誌] 第165話 ちぐはぐラバーズ 時間は少し遡る。円舞台[リング]の上で顔を合わせ「ディアンヌ!!!」と叫んだキングは、「キ… キミも ボクのこと知ってるの?」と戸惑うディアンヌから、対戦者となる人…

【感想】『七つの大罪』第164話 譲らぬ者共

週刊少年マガジン 2016年14号[2016年3月2日発売] [雑誌] 第164話 譲らぬ者共 「勝負あった」大岩に立つドロールが判じた。面布の下からじっと円舞台[リング]を視上げ、勝者の名を読み取る。「名は………エリザベス …エレイン」◆なんですと!?ドロールは闘級…

【感想】『七つの大罪』第163話 王女と聖女

週刊少年マガジン 2016年13号[2016年2月24日発売] [雑誌] 第163話 王女と聖女 天上の円舞台[リングに戸惑い、不安そうに見廻すエレインとエリザベス。 グロキシニアの声が響いた。「大喧嘩[だいけんか]祭りのルールその1」「あらゆる武器・魔力の使用お…

【感想】『七つの大罪』第162話 運命の共闘者は誰だ!?

週刊少年マガジン 2016年12号[2016年2月17日発売] [雑誌] 第162話 運命の共闘者は誰だ!? どうしても納得できない。そんな顔で詰問するキング。「グロキシニア様… あなたは三千年前 魔神の王の手によって討たれたと聞きました」「そのあなたが……妖精界と妖…

【感想】『七つの大罪』第161話 伝承の者共

週刊少年マガジン 2016年12号[2016年2月17日発売] [雑誌] 第161話 伝承の者共 壁の穴を潜り、悠々とゴールに到着したメリオダスたち。這いずってやっと潜れたディアンヌは「せまい~~」と顔をしかめ、ホークは「む? いい花の香りがするな…」と鼻を動かした…

【感想】『七つの大罪』第160話 ゴー!! ブレイクスルー

週刊少年マガジン 2016年11号[2016年2月10日発売] [雑誌] 第160話 ゴー!! ブレイクスルー メリオダスは訊ねた。「ところで バン… エレインとエスカノールと はぐれたのは いつだ?」「エレインは ほんの一時間前 エスカノールは昨日だったか♪」◆え!? じ…

【感想】『七つの大罪』第159話 言葉はいらない

週刊少年マガジン 2016年10号[2016年2月3日発売] [雑誌] 第159話 言葉はいらない メリオダスによるアースクローラーの黒焦げ焼き。一口齧っただけで、彼らはそれを廃棄した。◆※後でスタッフが美味しく頂きました 「げほっ… おえっ…」苦しそうに咳き込んで、…

【感想】『七つの大罪』第158話 狂宴の勇者たち

週刊少年マガジン 2016年9号[2016年1月27日発売] [雑誌] 第158話 狂宴の勇者たち 迷路のあちこちで爆発のように土煙が上がり、轟音が響いていた。何頭もの怪物[アースクローラー]が人々を襲っているのだ。土中から現れた巨大な顎[あぎと]に噛み砕かれ、…

【感想】『七つの大罪』第157話 乱れ舞い踊る挑戦者たち

週刊少年マガジン 2016年8号[2016年1月20日発売] [雑誌] 第157話 乱れ舞い踊る挑戦者たち 「メッ…」「メリオダス様がいっぱい!!?」茂みから歩み出てきた十人近いメリオダスを前に、戸惑うエリザベスとホーク。 「オレたちの森を返せ…」<メリオダス>が言…

【感想】『七つの大罪』第156話 迷宮探索競技

週刊少年マガジン 2016年7号[2016年1月13日発売] [雑誌] 第156話 迷宮探索競技 「ディアンヌ…!! 無事でよかった!! みんな とても心配していたのよ!?」白銀の前髪で右目を隠した綺麗な女の子は、嬉しそうに話しかけてきた。 いかにも親しげな笑顔を向け…

【感想】『七つの大罪』第155話 死の罠の迷宮

週刊少年マガジン 2016年6号[2016年1月6日発売] [雑誌] 第155話 死の罠の迷宮 バイゼル大喧嘩祭りへ向かうマトローナ。のんびりした様子で前を歩くディアンヌに、嫌な予感がするから引き返せと勧めるが、彼女は笑って意に介さない。「…そんなの引き返す理由…

【感想】『七つの大罪』第154話 悪魔は微笑む

週刊少年マガジン 2016年4・5号[2015年12月22日発売] [雑誌] 第154話 悪魔は微笑む ゼルドンの研究棟入口は賑やかだった。「なあっ みんなでバイゼルに行こーぜ!! いい男だっているかも! な!? デルドレー!」子供のようなアーデンに「しょうがないわね …

【感想】『七つの大罪』第153話 戦慄の告白

週刊少年マガジン 2016年2・3号[2015年12月9日発売] [雑誌] 第153話 戦慄の告白 荒野に不思議な塔が建っている。縦半分が崖に埋もれているように見えるが、その崖…塔より高く盛り上がった台地は、よくよく見るに密に絡み合って繁茂した木々である。その太い…

【感想】『七つの大罪』第152話 燭光にさそわれて

週刊少年マガジン 2016年1号[2015年12月2日発売] [雑誌] 第152話 燭光にさそわれて あくる日もザルパ一家は仲睦まじかった。座る継母[マトローナ]の肩に立つ長男・ゾルが、弓矢で見事に飛ぶ鳥を射落とす。「よくやったゾル!! うまいぞ!!」と手放しで褒…

【感想】『七つの大罪』第151話 舞台がボクらを待っている

週刊少年マガジン 2015年52号[2015年11月25日発売] [雑誌] 第151話 舞台がボクらを待っている 踊るディアンヌ。「こ~~…」軸足が地面を抉る勢いで回り、「っんなカンジ!?」ドンッ、と瓦礫を撒き散らしながら踏み込んで停止、ビシッとポーズを決める。マト…

【感想】『七つの大罪』第150話 太陽の主

週刊少年マガジン 2015年51号[2015年11月18日発売] [雑誌] 第150話 太陽の主 瓦礫と化した<麗しき暴食>亭。魔神ガランは逃げだそうとした姿のまま、あと一歩で店から出ること叶わず石化している。 「これが<十戒>の戒禁[かいごん]とやらの呪いですか……

【感想】『七つの大罪』第149話 ガランの魔力

週刊少年マガジン 2015年50号[2015年11月11日発売] [雑誌] 第149話 ガランの魔力 己が<七つの大罪><傲慢の罪[ライオン・シン]>だと名乗りをあげたエスカノール。しかしガランもメラスキュラも意に介した様子はなく、酔いの回った顔で へらへら笑ってい…

【感想】『七つの大罪』第148話 ガラン・ゲーム

週刊少年マガジン 2015年49号[2015年11月4日発売] [雑誌] 第148話 ガラン・ゲーム 日は完全に暮れ、丸い月が昇っている。山の断崖半ばにある段のような空間。そこにひっそりと口を開く洞窟の奥に、これまたひっそりと、酒場<麗しき暴食>亭は開業していた。…